カテゴリ:本棚( 8 )

ちょっと休憩。

気づいたら最終の更新が2月末で終わってたことに気づいた黒猫ですorz~
ヴァナってはいますがなかなかネタになりそうな話も無く〜('_'、)
ってことで、今回はつらつらとリアルネタw

もうすぐ映画(しかも実写!)になると聞いた『デスノート』を借りてきました。
まぁ黒猫は結構速読な方なのですぐに読めるかな〜と思ってたのですが…
土曜に借りたのに現在まだ7巻読んでる所ですww
面白いけどややこしいなコレw
ていうか、ホントにどうやって実写化するんでしょうね〜?
ライトやLはともかくリュークとかレムなんてどうする気でしょうかねぇ?(゜-゜)

★追記★
と、おもってたら公開されてましたねコレ(,_,)q

デスノート公式ページ
[PR]

by sei_flower | 2006-03-07 14:18 | 本棚

本を読む。

私は結構、同時期に数冊の本を平行して読む事が多い。
友人に言わせると、「よく話が混乱しないね〜」とのこと。
その友人は一度に一冊だけしか読むことが出来ないらしい。

“複数の本を同時に読むと混乱する”

うーん、今までそんな風に考えたことは無かったなぁ。
どっちのタイプの読書スタイルの人が多いのか、ふと考える今日この頃。

<最近読んだ&読書中の本>
・風味絶佳
・嫌われ松子の一生
・海辺のカフカ
・ベルガリアード物語(4)魔術師の要塞

[PR]

by sei_flower | 2006-02-06 12:30 | 本棚

西部劇はお好き?

ふと、昔買ったマンガが読みたくなって久々に再読。

ひかわきょうこ さんの
『荒野の天使ども』1〜3巻
『時間をとめて待っていて』1〜3巻
『それなりにロマンチック』

これがとっても良いのだ(・∀・)
舞台はアメリカ西部劇でおなじみの時代。
主人公は、ちびでおてんばで勝ち気なミリアムと、ひょんな事から
彼女と知り合ったダグラス、カード、ジョエルの三人の少年たち。
キャラの魅力もさることながら、ストーリーにぐいぐいと
引き込まれて一気に読んでしまいます。
笑いあり涙ありで最後はなんだか幸せな気分になれる
この作品が私は大好きなのです。
[PR]

by sei_flower | 2005-07-05 11:03 | 本棚

週末は何を読もうかな。

平和な金曜の午後…暇過ぎて頭がボケボケクポ〜 (´・ω・` )
いい天気だし、お花見にでも行きたい気分ですよ。

☆最近読んだ本☆
「ブレイブ・ストーリー」(上・下)宮部みゆき
いわゆるゲームでもRPG系が大好きな私としては外せない作品だったり。
ということで読み始めたものの、主人公の亘(わたる)が幻界(ヴィジョン)へ
行くまでの展開が若干まどろっこしく感じてしまいました。
まぁ、その部分があってこその後半の展開ではあるんですがね〜。
でもやっぱりラストにはちょっと感動して泣いちゃったりしてたワケですがw

「巷説百物語」京極夏彦
一時期、深夜枠でアニメにもなってましたね〜。
あいかわらずの京極ワールド炸裂です!
それにしても、ホントに京極さんって上手いですね。
最後に謎がすっきり収束してゆくカタルシスがたまりません♪
[PR]

by sei_flower | 2005-04-08 16:43 | 本棚

トランス

今回は友人オススメのDVD。

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」
いいです。コレ。
結構スキャンダラスなストーリーが、実は純愛ラブストーリーだった
という感じでしょうか。
トランスセクシャルのヘドウィグの人生を辿りつつも真摯に恋愛に
ついて考えさせられてしまう作品だったりします。
また、劇中のナンバーがどれも素敵なのでミュージックDVDとしても
かなり秀逸だったり。☆☆☆☆☆です。

◇最近読んだ本◇
「森の死神」ブリジット・オベール
「雪の死神」ブリジット・オベール
「異形の花嫁」ブリジット・オベール
「六人の超音波科学者」森博嗣
[PR]

by sei_flower | 2005-04-04 12:19 | 本棚

ファントム

私は結構前から「オペラ座の怪人」ファンです。
日本の四季版の舞台から始まりロンドンとブロードウェーも
観に行ってしまったくらいです。
最近は映画にもなってミュージカル映画としてはなかなかの
評判のようでファンとしては嬉しい限りです(・∀・)
そんな私が気に入ったのがこの本。

『ファントム』(上・下) スーザン・ケイ

舞台や映画では語りきれなかったファントムの一生を描いたこの作品は
原作をも凌ぐ出来映えと言われるほどです。
ファントムの生い立ち、どのような運命でオペラ座に棲むようになったのか。
なぜファントムはクリスティーヌに惹かれたのか、彼女は怪人とラウルの
どちらを本当に愛していたのか…
謎のまま残されていた疑問をこの作品を読んで納得してしまいました。
「オペラ座の怪人」を知っている人にも知らない人にも、オススメです。
[PR]

by sei_flower | 2005-02-28 11:37 | 本棚

衝動。

普段はインドア生活万歳のわたくしですが、
極稀にものすご〜〜〜〜〜く身体を動かしたくなることがあるわけで。
丁度そんな感じにウズウズしているところへタイムリーに
スキー&スノボツアーのお誘いが♪
ということで週末は雪と戯れる予定なのです。
がっ!天気が微妙でございます〜;;
晴れてくれないかな〜。

☆最近読んだ本☆
「報復」ジリアン・ホフマン
「銀座小悪魔日記〜元銀座ホステスの過激すぎる私生活」蝶々
「銀座小悪魔日記〜ふたつの蜜月」〃
「OUT(上・下)」桐野夏生
[PR]

by sei_flower | 2005-02-17 00:00 | 本棚

もう1月も終わりですか。

年明けの挨拶も無いままにバタバタと1月ももう終わりです…シマッタw
ここは旧暦のお正月に改めて新年の挨拶をば。
(´∀`)「明けましておめでとうございます〜」・・・遅いよorz

同僚から年末に大量の本を借りたので読むモノには困らなかったこの一ヶ月でした。

「レックス・ムンディ」荒俣宏
「涙 流れるままに(上・下)」島田荘司
「終戦のローレライ(上・下)」福井晴敏

イチオシは「終戦のローレライ」でしょうか。
文句無しに面白かったです。
ハードカヴァーで2冊、文庫本だと4冊分になる長編なので
ここでは詳しいことは述べませんが、キャラが魅力的でストーリーも
ぐいぐい引っ張っていってくれるのでどんどん読めましたね。

「レックス・ムンディ」「ダヴィンチ・コード」を読んだ人は興味あるかも。
ちょっとグロいけど例のマグダラのマリアとイエスの血統の伝説にからんだ
内容になってます。

「涙 流れるままに」は単独の物語ではあるものの、
シリーズ物の15作目ということもあって、過去の事件のことについての
記述があるので以前の作品を知ってるほうが楽しめる部分もあるかな?
貸してくれたのが女性だったので油断してたら結構エロかったので焦りました^^;
[PR]

by sei_flower | 2005-01-29 00:00 | 本棚